べたつく人は脂漏性皮膚炎に!

頭皮の毛穴の周りに皮脂が多く残ってしまうことで、頭皮環境が不衛生になり炎症を起こしてしまい皮膚炎になってしまうものです。

原因

洗い残りの古い皮脂や皮脂の過剰分泌、またそれらの皮脂と整髪料やシャンプー剤やそのほかの汚れが混ざり合って頭皮に残っていることで起きてしまいます。

その頭皮に残った汚れを餌に雑菌が繁殖し、炎症に至ります。

炎症した患部からは脂肪酸が分泌し、それが酸化することでにおいの原因となってしまいます。

またシャンプー後のドライが甘いことでも、雑菌が繁殖しやすくなります。

雑菌は湿気を好み、乾燥を嫌うことから、生乾きの状態でいるとそこから雑菌が繁殖しやすく、さらにはにおいの原因ともなってしまいます。

対策

対策として頭皮を清潔に保つ必要があります。毛穴の奥に侵入した皮脂はなかなか取れにくいものです。

しかし毛穴の奥まで浸透する浸透力のたかいケア剤を使用することで、毛穴の奥に入り込んだにおいの原因となる古い皮脂や角栓を除去できるので、炎症を防ぎ、脂漏性皮膚炎は予防できるといってもよいでしょう。

脂漏性皮膚炎を予防することで、頭のにおいの問題は解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です