ベタツキとにおいから脂漏性脱毛症に!

脂漏性の状態とは、肉眼でもわかるくらいの皮脂が頭皮に付着しており、いくら綺麗に落としても、また直ぐに大量の皮脂が分泌されてしまいます。

これは今までの頭皮のケアが行き届いてない、又は過剰に洗髪をしすぎた結果、皮脂の分泌サイクルが狂いこのような状態になったと思われます。

脂漏性脱毛症は脂漏性皮膚炎が進行し抜け毛に至るというものです。

脂漏性脱毛症の原因は、頭皮の皮脂や汚れの影響で、毛穴や毛穴の周りが炎症を起こします。

炎症が酷くなると頭皮ニキビの状態から脂漏性皮膚炎へと発展し、毛穴が化膿しこの状態の時は痛みや激しいかゆみも伴います。

さらにかけばかくほど、においも酷くなっていき、頭皮の環境は最悪のものとなります。

これらの炎症がひどくなった状態で、毛穴の毛根や毛の生える毛孔などが破壊され抜け毛になるものが脂漏性脱毛症ということになります。

対策

脂漏性脱毛症へと発展しないための対策としては、頭皮環境は清潔に保つということが挙げられます。

シャンプーは1日1回でその日の夜寝る前に行い、その前後で頭皮のクレンジングと頭皮の栄養補給をすることが、望ましいです。

また過剰気味にシャンプーをしたり、爪をたててシャンプーをしたりすると、頭皮が傷ついたり、過剰に皮脂が分泌する原因となっていまいます。

また毛穴に古い皮脂が残っていることで、皮脂の分泌サイクルも乱れてしまいますので気をつけなければなりません。

皮脂の分泌サイクルを正常に保つには体の内側からのケアも必要になります。

もし、皮脂の過剰分泌による抜け毛に悩んでいるなら育毛サプリメントも効果的かもしれません。

こちらのサイトが参考になります。体の内側から育毛促進「チャップアップサプリ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です