とくに若い人がなりやすい若年性脱毛症

比較的若いうちに脱毛症が始まることを、若年性脱毛症といいます。

若いうちは、ホルモンの影響で、皮脂の分泌が多過になります。

これが影響して、毛穴や毛穴周りには皮脂がベットリと分泌し、古い皮脂や、皮脂と混ざり合った汚れが付着しやすい頭皮環境にになります。

そういった頭皮環境で、毛穴が炎症を起こし、毛孔や毛母細胞が破壊され、脱毛症に発展してしまったものを若年性脱毛症といいます。

若年性脱毛症の原因は皮脂の過剰分泌によるものも多いですから、頭皮に古い皮脂を残したり、整髪料やシャンプー剤などを残したりしなければ防げる脱毛症です。

毛穴の洗浄と保護を毎日のシャンプー時に繰り返すことで、若年性脱毛症は防げます。

女性と男性の若年性脱毛症は違う?

女性と男性では若年性脱毛症の原因が根本的に違ってきます。

男性の若年性脱毛症

男性の若年性脱毛症は男性ホルモンの影響が強いです。男性ホルモンは皮脂の過剰分泌やテストステロンと5αリダクターゼの酵素結合によるagaのリスクで薄毛を発症します。

女性の若年性脱毛症

一方、女性の若年性脱毛症は女性ホルモンの減少によるものが大きいです。女性ホルモンのエストロゲンは女性の髪の成長に欠かせないホルモンでこれが減ると髪が薄くなります。

また女性ホルモンが減ることで女性の中の男性ホルモンの活動が活発化し皮脂の過剰分泌や女性性男性型脱毛症fagaの原因になってしまいます。

まとめ

一言で若年性脱毛症といっても女性と男性とでは根本的な原因に違いがあります。その違いが理解できればそれに適した対策をすることで若年性脱毛症を予防することが可能です。

こちらでは男性の若年性脱毛症についてとても参考になります。

男性の薄毛に効く育毛剤はげナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です